各施設からのお知らせ

共に生きる

廊下を歩いていると、様々な方から

「こないだ役所から通知来たけど見てくれへん?」

「なんだか分からんようになった。どうしたらいい?」

「お薬もう無くなりそうなんだけど・・・」

「携帯に電話がかかって来たみたいなんだけど、誰からか

分からへん。どうやったら分かる?」

「電気がつかない」等々

皆様、生活の中で実は色んな不安や分からない事を抱えているんですね。

私たちの当たり前は、ご本人には非常に難解な事だったり・・・

施設で管理していく事は可能ですが、

そうしてしまう事で、出来る事を出来ていた事を奪ってしまって

いるのかも知れません。

失敗しても、自分で出来る事が 生きる 事なんでしょうね。

私たちプロが知らず知らずに、本人の出来る事を奪い

私たちのすべき事にすり替えてしまっている事も往々に

あるのかも知れないと、皆様の困りごとを伺いながら

反省しました。

ここでの入居者様と、共に生きる 自分達でありたいと

心から思いました。

このバランス 本当に難しいですが・・・

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 平野本町

今週は天気があまり優れないみたいですね、

本日の朗報としては、入院されていた方が、本日退院され

早速明日からこちらを利用したいと希望されてるとのことです

お気持ちはとても嬉しいことではありますが、

退院後すぐということもあり、注意しないといけないですし、

また体調を崩す様なことは避けないといけないですね

ましてやこちらに来て体調を崩すというのは一番ダメですね

まずは本人と話、表情や状態をしっかり捉えて行く事だと思います。

 

本日からは週間レクも変わり

チーム対抗風船バレーになりました。

またその様子をこちらの方で上げていきたいと思っています。

 

ご家族様の声から教わる事

今日来設されたご家族様と話していて、

医療費控除とか役所関係とか色んな事が

申請を自分でしないといけないのに、十分な

告知がない事が多い。との話がありました。

確かに、何においても戻ってくるお金が出るものって

自己申請ですよね。当たり前の事ですが・・・

寿福の郷にご入居者されている方は、高齢だったり

障害があったりで、中々情報を得るのは難しいもの。

その上、私達でさえ中々掴みにくい情報ですから、

ご家族様も難しいかと思います。

うちで少しでも出来る事とは、きっと

そのような情報含め、お知らせ出来るようなシステムを

作っていく事なのかもしれません。

もっともっと勉強して、皆様に有利な情報を届けられる

寿福の郷になっていきます。

待っていてください。

そしてもっともっと、感じる事を教えて下さい。

私どもの力にさせて頂きます。

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 平野本町

本日は朝から契約でした。

9月からも新しく3名の方が新しく利用して下さいます。

大変有り難いです。

そして新しくというところであれば

利用者さんだけでなく、ケアマネさんも何名かこの時期ではあるものの

新しい方が色んな事務所にお勤めになられています。

生野や八尾、東大阪や堺色んな所からこの平野に来られ

どこのデイサービスがいいかなんて

なかなか掴みづらいですよね

そういった方々にクチコミで

寿福の家さんいいよ、と

ケアマネさんのあいだで話して下さっているというのをお聞きします

それが体験や利用につながっている現状ですので、

自分達だけでなく、紹介してくれたケアマネさんにも応えていきたいですね。

想定外を想定内に。

ここ数日、ありがたい事に入居のご相談を頂き、

ご本人やご家族様と話す機会を頂いています。

偶然ではありますが、最近お会いした方は、想定外の状況になり

ご本人もご家族もどうしていいのかと、先の見えない不安を

抱えていらっしゃいました。

私どもが出来る事は、たかが知れていますが、それでも

話を聞いて整理していく事で、7割は解決しているようです。

後はこれからどうするか。ここまでが見えてくると

皆様安堵の表情になられ、やっと笑みがこぼれます。

色んな事が重なり、想定していなかった状況になると、

誰でも物凄く複雑な状況に陥ったように感じますよね。

でも、どんな事でも本質は物凄く、シンプルなのかも知れません。

起こりうるはずがないと決めつけず、何が起きてもおかしくないと、

常に思える組織でありたいと思います。

そうする事で、目の前の不安に満ちた皆様に「もう大丈夫」と

思って頂くことも、私たちの仕事ですよね。

なのに・・・

 

今回の広島の災害を目の当たりにして

もっともっと危機管理を持たなければと、反省です。

もうすぐ9月。災害対策を真剣に講じます。

決して想定外だったと言い訳しない為に。。。

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 平野本町

昨日のレクの完成品です。

先週からは絵手紙を希望者に作って頂いているのですが

みなさんかなり集中して行って下さいます。

モデルは紙風船なのですが、

人によって見方が異なり

様々なデザインになっています。

マシーンなど身体を動かす事が比較的多いのですが

こうやって一つの事を集中して行う日があってもいいのかなと

感じました。

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 平野本町

先程連絡ありまして、

本日体験利用できるかと問い合わせがありました。

ご本人から連絡があったので、急いでケアマネさんに連絡

急遽体験利用する事になりました。

きっかけはこちらを既に利用されている方からのクチコミで

その方が紹介してくださった様です。

有り難いですね

なんでもデイサービスには行っているが、

他のデイサービスに移りたいと懇願されている方のようです。

幸いな事に担当のケアマネさんも知り合いだったので、

話はスムーズでした。

営業で利用者さん獲得と他のデイサービスも動いていると思いますが

一番良いのはクチコミかも知れませんね

街の中でも、ケアマネさんの中でも

いい噂がたつような事業所にしていけるよう頑張ります。

人として・・・

ある利用者と出かけて、想像以上に負担がかかっている姿を見て、

自分の出来る事はし続けたいとの思いと、しんどいとの思いと。

皆どこでこの線を引くのでしょうか?

自分達介護者も、身体レベルが落ちる事が悪の様に思いがちですが、

それって、私たちのエゴかも知れません。

かといって、もうこれでいいと決めつける事も違うと思います。

体調を崩すからしんどいのか、しんどいのにいつも通りに

動くから体調を崩すのか?

言葉にならない言葉を、行動に見えない行動を見極めるのが

私たちプロの仕事です。

その上で、ご家族様にも理解を求める。

ここを私たちは培っていかなければいけないんでしょうね。

今日も職員と話していて、どこか介護者側の思いを

押しつけてしまっているような・・・

間違いではないんですが、家族ではないプロとして

見ていく難しさを感じます。

でも、そんな自分達を頼って来て下さる皆様に

しっかり答えて行く為にも、今日より又

全力で自分を高めて、人として正しい選択をしたと

堂々と言える、一人一人になっていくしかないですよね。

その為には、日々の本当に地道な努力しかない。

頑張ります。

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 平野本町

今週から週間レクとしてクイズ大会が始まりました。

なぞなぞやマルバツの札を上げて皆さんでゲームもしています。

やはり歴史関連は皆さん正答率がいいですね

どうだったかな、なんだっけかな、

と考えながら楽しまれていましたね

一周間通して成績優秀者には何かの形で表彰したいと考えています。

 

9月からも新しく2名の方が利用される事になり、

どんどん賑やかにはなってきましたが、

入院やお休みがどうしても起こる現状で利用者さんも

利用したいのに休まないといけない、と声を頂くと

歯がゆいです。

本当に事前事前に変化に気づき、

利用者さんの体調を一緒に管理していく事が

自分たちに出来る事だと感じています。

みんな ありがとう

今日、ご逝去された方の奥様が来設して下さいました。

生前は喧嘩ばかりして・・・とお元気な時は伺えなかった

話を教えて頂けました。

先日ここにも書きましたが、本当に自分達の知っている事

なんて、何もないと思い知りました。

寿福の郷にいるお一人お一人に、壮絶な人生があり、

その方に携わっていらっしゃる方にも又、同じように

壮絶な人生があると、改めて教えて頂きました。

この仕事って、兎角、入居者様のみに目が行ってしまいがちですが、

家族様も友人も全部含めて、目を向けなければ

本当は、入居者様の何も見えないのかも知れません。

自分もそうです。自分一人で今に至ったのではないですもん。

今日迄、関わってくれた人や、家族、これから関わってくれるで

あろう方たちと、接する事で未来があるんですよね。

奥様の言われた、いなくなって初めて、こんなにも大きな

存在と気付いたとの言葉。

皆そうなんですよね。居る事が当たり前の時は、何とも

思わないのですが・・・

でも、だからこそ、こんな近い方たちに、感謝出来る

自分でありたいと、つくづく思いました。

日々の色んな出来事を、流さず、当たり前にせず・・・