サービス付き高齢者住宅とは

「寿福の郷」のサービス付き高齢者住宅とは

安否確認生活相談食事の提供入浴などの介護健康管理洗濯買い物など、家事代行等の

サービスをする高齢者専用の賃貸マンションです。


「寿福の郷」と有料老人ホームとの違い

  • 入退去の安易さ

    一般的な賃貸マンションと同様に賃貸借契約となっております。
    その為に、高額な権利金、入居一時金などは不要となっております。

  • 設備面

    段差のないバリアフリーはもちろん、車いすで行き違える廊下幅を確保しています。
    また、住居部分はプライバシーにも十分配慮しております。

  • サービス面

    サービスについては、入居者様の状況や、ご希望によって選択制となっております。
    受けたいサービスを、受けたい時にご利用下さい。


各施設の違い・特徴

サービス付き高齢者住宅 介護付き有料老人ホーム 特別養護老人ホーム
運営母体 民間企業 民間企業 社会福祉法人
費用 10万~20万 15万~35万 9万(大部屋)~13万
入居対象 65歳以上の方なら 65歳以上の方なら 要介護度3以上
居室タイプ 個室 個室 大部屋・個室
職員体制 決まりなし 3:1 3:1
入居難易度
入居一時金
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)
サービス付き高齢者向け住宅とは、主に民間事業者が運営するバリアフリー対応の賃貸住宅で、サ高住、サ付きとも呼ばれます。日中は生活相談員が常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援サービスを受けることができます。介護が必要な場合は、訪問介護など外部の介護サービスと個別に契約が必要です。
夜間のサービスが受けれなかったり、介護保険サービスを超過する場合は自費の支払いが求められます。
介護付き有料老人ホーム
介護付有料老人ホームとは、掃除や洗濯など身の回りの世話や、食事や入浴、排せつなどの介助サービスが受けられます。基本的に24時間体制で介護が受けられるよう、介護・看護スタッフが配置されていますが、民間事業者が運営しているため、その費用や細かいサービス内容は施設により様々です。 介護職員の配置などは特養と同じく法律で定められています。
毎月の利用料金が予め決まっているので安心です。
特別養護老人ホーム(特養)
特別養護老人ホームは、社会福祉法人や自治体などによって運営され、老化によって介護を必要とする65歳以上の方または、特定疾病により介護を必要とする40~64歳までの方で、要介護度3以上の方が入居対象です。入居の順番は、施設が開催する入居判定会議などで緊急性が高いと判定された方が優先されます。元々は大部屋で月々の利用料金が安いのが魅力でしたが、最近の特養はユニット型(個室)が増え、有料老人ホームとの利用料金の差が少なくなってきています。
その他施設【介護老人保健施設(老健)・軽費老人ホーム(ケアハウス)・グループホーム】
軽費老人ホームとは、比較的少ない費用負担で利用できる福祉施設で、主に自立あるいは要支援の高齢者を受け入れています。見守りと食事の提供を行う「A型」と、見守りのみの「B型」があります。
グループホームとは、認知症の方が入居対象となります。

一般的な施設の選ぶ基準を簡単にまとめると次の様になります。

  • 暮らしに自由さを求めるのであれば『サービス付き高齢者住宅』
  • 介護度が1~3程度の方で介護が必要な場合は『介護付き有料老人ホーム』
  • 介護度が3以上で常に介護が必要な場合は『特別養護老人ホーム』

それに加え入居時の一時金、月々必要な費用、どこまでの介護をしてもらえるか?(看取り)、医療との連携体制など、ご自身に合った施設を選ぶことが大切です。


ご利用のご相談

ご自宅での暮らしに不安や不便を感じ始めたら「寿福」のご利用をご相談ください。

自宅での暮らしに不安を感じ始めた
  • 防犯や災害に不安を感じる…
  • 風呂や階段の昇り降りに不安を感じる…
  • 誰とも話さない日が続く…
まだ介護施設には入りたくない
  • 特養は入所待ちが長期間に及ぶのでは…
  • 有料老人ホームの入居時の費用が高額では…
生活の中で必要なときだけ支援して欲しい
  • 食事を作ったり、買い物が面倒だ…
  • 家の掃除ができなくて…
  • 電化製品の故障や設備の不具合が…
健康や介護について不安を感じている
  • 近所には病院がないから不安…
  • 介護が必要になったときにすぐに相談できる窓口が欲しい…

ご入居までの流れ

多数の医療機関様と連携していますので、比較的医療行為が必要な方も安心してご入居いただけます。また、身元保証人のおられない方のご入居も、弊社指定の保証会社を利用する事でご相談いたします。