寿福の郷|サービス付き高齢者住宅・介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム|大阪市生野区・大阪府富田林市・奈良県大和高田市・大阪市平野区・奈良県橿原市|訪問介護・訪問看護・訪問リハビリ・居宅介護支援事業所・通所介護・福祉用具貸与

人として・・・

ある利用者と出かけて、想像以上に負担がかかっている姿を見て、 自分の出来る事はし続けたいとの思いと、しんどいとの思いと。 皆どこでこの線を引くのでしょうか? 自分達介護者も、身体レベルが落ちる事が悪の様に思いがちですが、 それって、私たちのエゴかも知れません。 かといって、もうこれでいいと決めつける事も違うと思います。 体調を崩すからしんどいのか、しんどいのにいつも通りに 動くから体調を崩すのか? 言葉にならない言葉を、行動に見えない行動を見極めるのが 私たちプロの仕事です。 その上で、ご家族様にも理解を求める。 ここを私たちは培っていかなければいけないんでしょうね。 今日も職員と話していて、どこか介護者側の思いを 押しつけてしまっているような・・・ 間違いではないんですが、家族ではないプロとして 見ていく難しさを感じます。 でも、そんな自分達を頼って来て下さる皆様に しっかり答えて行く為にも、今日より又 全力で自分を高めて、人として正しい選択をしたと 堂々と言える、一人一人になっていくしかないですよね。 その為には、日々の本当に地道な努力しかない。 頑張ります。