寿福の郷|サービス付き高齢者住宅・介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム|大阪市生野区・大阪府富田林市・奈良県大和高田市・大阪市平野区・奈良県橿原市|訪問介護・訪問看護・訪問リハビリ・居宅介護支援事業所・通所介護・福祉用具貸与

サービス付き高齢者住宅って???

このHPでご紹介している「サービス付き高齢者住宅」って一体どの様なものかご存知ですか? 元々高齢者住宅は一般の賃貸マンションに高齢者の方が入居困難となり、国交省から高齢者の方でも入居できるマンションを「高専賃」を整備せよと作られたものと、厚労省の管轄にて「高円賃」「高優賃」が作られてきました。 しかし、高齢者の方が入居するのに一定の基準や決まりもなく、これでは高齢者の方が安心して入居できないと言う事になり、国交省、厚労省の共管のもと、2011年10月20日に施行された「高齢者の居住の安定確保に関する法律」により「サービス付き高齢者住宅」が誕生しました。 このサービス付き高齢者住宅の要件として、設備に関しては各専用部の面積が原則25以上であること、各専用部に台所水洗便所・収納設備・洗面設備浴室を備えたものであり、バリアフリー構造が必要である。サービス面では安否確認と生活相談サービスが必須である。契約に関しては専用部分が明示された契約を書面によって締結することが求められる。契約は長期入院などを理由に事業者からの一方的な解約などを防ぐ内容になっていなければならないとされている。また、受領できる金銭は敷金家賃・サービスの対価のみとなっており、権利金等の受け取りは不可となっております。 今後の高齢者人口の増加、医療と福祉を鑑みた場合、賃貸マンションで且つ一定のサービスを受けられるサービス付き高齢者住宅の社会的意義は大きなものがあると考えられております。 また、必要に応じて各種介護サービスの提供も受けられ、介護が必要となった場合にも退去の心配が不要となっています。