各施設からのお知らせ

大阪市 デイサービス 寿福の家 平野本町

本日はデイサービス 寿福の家 平野本町のレクリエーションを

紹介させて頂きたいと思います。

午後の時間帯にレクリエーションを全体で行う事が多いのですが

今日は『カーリング』です。

氷の上で専用のコマを滑らせて的に入れ点数を競うという競技ですが

こちらで行なっているのものは的は一つ、コマは空き缶の中に重しを入れて転がし

的に入れるという物です。

こんな感じです。

この緑の的に四方八方から交代で投げ合います。

中に点数がふってあり、なかなか難しく力加減が重要ですが

的を広げたり、縮めたりしてなかなか皆さん入るまで集中して行われていました。

こちらで行なっているレクリエーションの中でも特に好評でした。

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家

デイサービス 寿福の家では利用者さんに足湯をして頂いているのですが

必ずという訳ではなく、入浴は自宅でするからここでは足湯を

という方もいれば、浮腫改善の為下肢を温めたいという方など様々ですが

本日最近利用をして下さった方が他の利用者さんを見て

『私も最近足がしびれたりするからどうかな?』

と始めて足湯をされていました。

大した物では無いですが、喜んで頂けたので良かったです。

こらから冬場にかけて下肢が冷える季節がもうすぐくるので

もっと足湯が人気になりそうですね。

野菜ソムリエ 有機・無農薬野菜

野菜ソムリエさんとのコラボで行っている有機・無農薬野菜の今週の料理です。

=今週の野菜料理=

《きんぴらごぼう》

品名:ごぼう

産地:鹿児島県鹿児島市 生産者:かごしま有機 農薬使用:無農薬

 《金時いものふかし》

品名:坂出金時

産地:香川県坂出市 生産者:高生連(香川) 農薬使用:有機

 《ほうれん草のおひたし》

品名:ほうれん草

産地:長野県川上村 生産者:八ヶ岳ナチュラルファーム 農薬使用:無農薬

 《だだちゃ豆の塩ゆで》

品名:だだちゃ豆

産地:山形県鶴岡市 生産者:月山パイロットファーム 農薬使用:無農薬

 素材の味を活かす料理って事で考えているのですが、結構レパートリーがなくなってきてしまい。。。

入居者さんたちの意見もお聞きして、美味しい料理を提供できるように頑張っていきます!

 

生野区サービス付き高齢者住宅 寿福の郷南巽 生活保護の方の受け入れについて

弊社のサービス付き高齢者住宅 寿福の郷 南巽では、生活保護を受給されておられる方の受け入れも行っております。

当初は定員40名の内4名くらいの受け入れを考えていましたが、予定を超える申し込みがあり、現在までに予定を超えております。

しかし、生活保護を受給されておられる方のニーズが高い事もあり、若干名の追加の受け入れを行う事になりました。

ご相談、見学をご希望の方は下記までお問い合わせ下さいませ。

寿福の郷 南巽 06-6752-3900

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 平野本町

本日のデイサービス 寿服の家でのおおまかな1日の流れは

9:00頃~ ご自宅までお迎え

バイタルチェック

10:20頃  集団体操

個別機能訓練

(入浴)

脳内トレ-ニング

12:00頃  昼食

マシーンや歩行などの機能訓練

(入浴)

15:00   おやつ

レクリエーションとしてキャンドル作り

17:00頃  お送り

本日はこの様な形でした

利用者さんによって入浴や機能訓練の時間にバラつきはありますが、

特に女性の方にキャンドル作りを楽しんで頂けたようで良かったです。

 

 

最近改めて思うのは初め口も聞かなかった方々が

お互いに座る時に椅子を寄せてあげたり、気軽に物をとって欲しい

と言える関係性に日に日になってきている事です。

職員と利用者さんの距離はもちろんですが、利用者さん同士の距離も

縮まれば職員が知らない話、お互いに長い人生を生きて来られて共有出来る部分が私共より遥かにあると思います。

利用者さんも職員も全員一緒に盛り上げて行けたらいいですね。

生野区の高齢者住宅  寿福の郷 無限の可能性

今日は今月末にご入居予定の方と、エレベーターなしの3階のご自宅に引越準備に伺いました。

現在脳梗塞で倒れ片麻痺で入院中です。一生懸命歩行訓練のリハビリしてますが、ご本人の納得出来るようにならず、

当社見学時はやや諦めかけていました。

今日も自宅の3階まで行きたい思いと、下りを考えると言い出せない思いとの狭間を行ったり来たり。

そばにいる自分にも、その苛立ちが手に取るように分かりました。とはいえ、エレベーターもなく掴まる手摺りもなく・・・

何とか上がれても、本当に降りてこれるのか???歩行訓練はしていても昇降は行ってなく、自分も葛藤です。

本人の自分の目で確かめたい この思いに自分の足で行ってもらおうと、その為にどうしたらいいかを考えよう。と

先ずは出来ると決められるかと車内で話し合い、絶対に自分の足で行くと覚悟を決めた本人に圧倒され、いざ出発。

持つ場所すらなく、入院以来歩行もおぼつかないのに。。。しっかり3階迄昇って降りて。初めてだ。出来た。行けた。と

この強行突破が良いのか悪いのかは別にして

「人間には無限の可能性がある。どうせなら出来ると信じて努力する方が何倍も楽しい」先日社長に言われた事です

頭では分かるのですが・・・今日の帰りの満足そうな笑顔を見て、“人間には無限の可能性がある”って教わりました。

“人間には無限の可能性がある。どうせなら出来ると信じて努力する方が何倍も楽しい”

 

生野区の高齢者住宅 寿福の郷 熱中症対策

最近高齢者の方の熱中症のニュースが多数報道されています。

高齢者になれば、暑さ、寒さを感じ難くなっていて、お部屋にいる時に冷房をかけない事が原因と言われています。

確かに大阪では連日36度を超える酷暑日が続いていて、エアコンをかけないと部屋の温度は40度近くまで上昇しているのではないでしょうか?

僕達でも40度くらいの岩盤浴に行くと30分も入っているととても疲れてしまいます。

ましてや高齢者の方となると相当疲れてしまう筈ですよね。

スタッフも入居者さんにエアコン入れていますか?とお声は掛けさせてもらっていますが、中々エアコンを使うのが勿体ないと言われる方がおられるのも事実です。

そんな入居者さんに熱中症の怖さをお話しするのですが、どうしても自分は大丈夫だって思われている方もいますしね。。。

廊下部分にはエアコンをかけているので、少しでも部屋の玄関のドアを開けて貰えれば室温が30度を超える事はないのでしょうが…

高齢者住宅で熱中症になったとなれば管理体制に疑問を持たれてしまいますよね。

もしも、自分の親が高齢者住宅に入居していて熱中症にでもなれば、その施設に文句の一つも言いたくなりますよね。

だから、食事時やエントランスでお会いするとお水を勧めています。

共用部分にウォーターマシンを設置しているので、自由に飲んでもらえる様にしているのですが、これまた遠慮されているのか中々使ってもらえていません。

やはりスタッフの気配りが大切だと言う事ですよね。

しっかり研修時に周知して貰えるように指導していきます。

 

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 魚釣り

本日デイサービス寿福の家では

午後の時間にレクリエーションとしまして

魚釣りを提案させていただきました.

魚釣りといっても本物の魚ではなく、

紙やフェルトで作られた物を手作りの

釣竿で釣るというものです。

従業員が作ったものもありますが

中には従業員のお子さんが作ってくれたものもあり

可愛い仕上がりになっているものもありました。

男性の方は一つの魚をずっと追いつずけますが、

女性の方は釣れるものから釣っていくという傾向でした。

やはり女性の方は計画的なんでしょうか?

結果としてかなり楽しんで頂いたようで良かったですね。

生野区高齢者住宅 「寿福の郷 南巽」 看取り

7月に入居が始まったサービス付き高齢者住宅 寿福の郷 南巽で本日入居者様がご逝去されました。

入居の時から既に末期癌の状態でしたので、約1ヵ月間だけのお付き合いでした。

数日前から食事も取れずに血圧が低下して、ドクターからもターミナル期に入ったとお聞きしていましたので、職員もあわてずに対応できたと思います。

最後は本当に穏やかなお顔をされているのを拝見して、少しはお役に立つ事ができたのではないかと思っております。

高齢者住宅を運営していく上で看取りと言うのはとても必要とされている事です。

確かに職員には大きな負担をかける事になりますが、それがこれからの高齢者住宅の役割だと考えています。

最期まで責任を持って精一杯に介護をさせていただく事が、我々の使命・役割ではないでしょうか?

それぞれの方がそれぞれの人生を全うされる

そんな事のお手伝いを少しだけでもさせていただける事に感謝、感謝です。

 

大阪市 平野区 デイサービス 寿福の家 機能訓練

デイサービス 寿福の家では機能訓練を行っておりまして

最近はレクリエーションの事が多かったので、

本日はそちらの方をご紹介させて頂きます。

利用者さんにはマシーンや体操、物を使って運動など様々な形で取り組んで頂いています。

最近ではこちらからお声掛けせずとも自身からマシーンなどをしたいと

言ってくださる方々もいらっしゃりありがたく思っています。

本日はその中でも歩行訓練に取り組まれている場面を載せさせて頂きます。↓↓

横歩き、大股歩き、つま先やかかと を意識した歩き方など様々な歩き方を

お教えして行って頂いています。

麻痺や浮腫がある方など状態はお一人お一人違い、様々ですが、

取り組まれる方々は一生懸命自分の足を一歩一歩出されています。

利用者さんの在宅の維持のためにお手伝いしていきたいですね。