各施設からのお知らせ

寿福の郷 提供可能なサービス

医療行為以外で弊社が提供できるサービスについては以下の通りです。

内容につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

デイサービス 寿福の家 夏の対策

この数日、暑かったですね。皆さまは体調崩されていないでしょうか?

幸いにも寿福の家のご利用者様も、お元気に来て下さっています。

ありがたいことです。

寿福の家は陽当りの良さはピカイチ、ですが、この夏は当たりすぎるかも・・・

こんな不安は利用者様も同じで、今までは陽当りが良くて温かったけど、

これからはきついかもな・・・と。勿論エアコンはありますが。

そんな、利用者様からの発想が、すだれ、グリーンカーテンとアイデアいっぱい。

今年は無理でも、来年のため、グリーンカーテン試そうかに、それがいいとの

後押しを頂き、職員からもゴーヤかきゅうりかヘチマかと・・・

ここは一つ、風呂でも使えるようヘチマにしてみようかと、思案中です。

受け入れてもらえるかな?みんなに。

暑さにもめげず、元気にいきます。

大阪市生野区 介護施設の状況

現在大阪市生野区にある介護施設の数をご存知ですか?

生野区には特別養護老人ホームは9件804人分があります。通称「特養」と言うものです。比較的医療高依存度の高い方が入られる施設です。介護認定が要介護5の人を想定しているみたいです。最近でこそ個室も増えてきていますが、大部屋が主流です。また、どうしても施設って感はいがめないですよね。

料金は入所様の所得により変わってきますが、大体6、7万円から位ではないでしょうか?マスコミでもよく取り上げられていますが、待機者数が40万人とも言われていて、入所を望んでもすぐに入れないのが実情です。特に都市部や便利な立地の特養は待機者が多い様です。

生野区高齢者住宅 寿福の郷 南巽 工事進捗状況です。

大阪市生野区で建築中の5月末日完成予定のサービス付き高齢者住宅 「寿福の郷 南巽」の工事がいよいよ最終段階となってきました!

屋上の防水工事も終わり、外壁塗装も終了しました。後は設備関係を入れて、内装工事を終わらせば完成です。予定ではあと2週間で完成の予定です。そして竣工検査、消防検査を経て引き渡しを受けます。引き渡しが終了すれば、6月より屋上庭園の工事に入ります。

計画では屋上を全面的に人工芝を敷いて、木製のベンチや木製のテーブルセットを置く予定です。そしてやはり緑がなくてはいけないので、大型のプランターを置いて園芸も行う予定です。

6月15日土曜日、16日日曜日には完成内覧会を行う予定です。お近くの方の方は是非ご来場下さいませ!

デイサービス 寿福の家 それぞれの思い・・・

デイサービスに来て下さる方って本当に様々な思いで、来てくださっているんだなって当たり前の事ですが、感じたことはありませんか?

昨日の寿福の家は男性だけでしたが、一様に「一人で家にいるとイライラして仕方ない。気晴らしに来てる。気晴らしで身体動かして、風呂入って好きな事出来るんだから」と。皆、「若い頃の好き勝手を悔い、どれだけ奥様が支えてくれていたかを、居なくなって知っても遅いけど。だから今一人でいるのが嫌なんだよな」って。

そして女性陣は、「本当は面倒くさいから来たくない。でも・・・家にいても暇だし。何もしなくても話せる人が欲しいし」と。

嫌々でも来て楽しもうとしてくれる方、自宅と違うものを求めてくる方、本当様々です。そんな、ここに来なければ逢うこともない方々が、思いも違うのにここで友達になり、お休みの時は殊更気にされる。あったかいですよね。

ここでいっぱい吐き出して、スッキリして帰ってください。

 

※内覧会のお知らせ 生野区サービス付き高齢者住宅「寿福の郷 南巽」

完成内覧会の日程のお知らせです!

平成25年6月15日土曜日、16日日曜日10:00から15:00に建物完成内覧会を開催いたします。

当日は実際のお部屋や食堂、屋上庭園、浴室などをご覧いただけます。また、サービス内容や医療との連携に関して詳しくご説明させていただきますので、高齢者住宅にご興味のある方や、将来に対して不安のある方は是非見学にいらしてくださいませ。

また、弊社にてお引き受けできるサービス「後見人」「ご自宅の借上げ」「ご自宅の買い取り」「身元保証サービス」などもご説明させていただきます。

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちいたしております。

有料老人ホーム 大阪 寿福の郷 南巽 (サービス付き高齢者住宅)

皆さんは有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅の違いをご存知でしょうか?

この業界に入るまでは、有料老人ホームも、特養も、高専賃も同じものだと思っていました。きっとその様に思われておられる方は多いのではないでしょうか?基本的には高齢者の方の住宅と言う事では同じなんですが、入居できる資格が若干違うのと、その運営者にも違いがあります。

特養は基本社会福祉法人さんが運営されておられており、国からも補助金が出ています。所得に応じた利用料金となっていて比較的低価格で入居する事が可能です。

有料老人ホームと呼ばれているものには各種様々なものがあります。基本的には株式会社が運営しており、特養と比べて優遇処置や補助金は受けていないので費用は高額なものが一般的です。また、入居一時金と呼ばれる比較的高額なお金が必要です。有料老人ホームには介護付き・住宅型・健康型の3種類があります。

サービス付き高齢者住宅は、厚労省と国交省の共管により2011年度の法改正に伴い新しくできた高齢者向け住宅です。過去に提供されていた高専賃、高優賃、高円賃の3種類のものを一つにまとめたものです。基本的には通常の賃貸マンションと同様であり、プラス安否確認と生活相談サービスが必須となっています。費用的には特養と有料老人ホームの中間のものが多く、契約一時金の受領の禁止、バリアフリー、居室面積の基準等が定められています。

今回弊社で運営している 「寿福の郷 南巽」も、このサービス付き高齢者住宅の登録を受けております。

有料介護施設 大阪 寿福の郷 南巽

有料介護施設ってご存知ですか?

介護施設の中には色んなものがあり、介護老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)って呼ばれている老人ホームと言われているものから、グループホーム(認知症)、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅(高専賃)等々実に様々な種類のものがあります。

で、何が違うのか?って事までは一般的にはあまり知られていないのが現状です。行政の主管の違いがあり、過去は住宅だから国土交通省の管轄だと言われたり、老人の事だから厚労省の管轄だと言われたりして、所謂二重行政になっていました。だからそれぞれが定めるガイドラインがあり、一般の人には理解し難くなっていました。

で、厚労省と国交省が共管して作ったのが、「サービス付き高齢者住宅」です。寿福の郷 南巽もサービス付き高齢者住宅です。このサービス付き高齢者住宅に登録する為には、色んな縛りがあり、それに合格したモノだけがサービス付き高齢者住宅と名乗れるようになるのです。

これからの超高齢化社会を考えると、病院だけでは高齢者の受け入れは不可能です。特養や老健を作るにも国のお金がかなり必要ですし、中々これ以上増やす事はできません。ここは民間の力を利用して、介護サービスを提供できる住宅を増やす事が重要と考えられています。

そんな重要な一翼を担える事を誇りに思っています。

デイサービス 寿福の家 生活リハビリ???

おはようございます。

デイサービスに来られる方の生活リハビリって難しいと感じるこの頃。

先日職員とも話しましたが・・・

「これが出来るようになりたい」って要望があれば、勿論出来るようにデイで出来る事を行い、自宅でも出来るような工夫をします。

でも、気持ちはあっても体が付いてこなかったり、思うようにならない分意欲がなくなったり。。。自分も含め皆そうなのかもって思います。

デイサービスで必要な生活リハビリって本当は、この意欲をどう引き出すか、しかないのかも知れませんね。

だから・・・寿福では先ず、意欲を引き出す言葉がけを一番にしています。その上で、目に見える小さな小さな変化を大事にし始めました。

生活に必要なリハビリって

本当は出来る出来ないより、意欲が先なんですよね。誰にとっても。

利用者様の可能性を信じるからこそ、これかrも、伝える一言ひとことを大事にしていきます。